キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

ナレーター 北林きく子

再生時間 04:06:47

出版社 ダイヤモンド社

出版日 2017/2/17

配信日 2017/11/7

図表 54 枚

分割ファイル数 15 枚

倍速版 あり

¥1,728 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

因果推論の考え方を学べば、世の中の「根拠のない通説」にだまされなくなる!
世界中の経済学者がこぞって用いる最新手法をわかりやすく解説する
『「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法』が登場です。

多くの情報から真実のものを見抜く技術を教えます。
仕事でも私生活でも現状を正しく分析する力がつく、ビッグデータ時代の必須教養書です。

・メタボ健診を受けていれば長生きできるのか
・テレビを見せると子供の学力は下がるのか
・偏差値の高い大学へ行けば収入は上がるのか

あなたはこれらの問いをどう思いますか?
「イエス」と答える方も多いのではないでしょうか?
しかし、経済学の有力な研究は、これらをすべて否定しています。

この問いを見て、疑いなく「その通りだ」と思った人は、ぜひこの作品を聴いてみてください。
きっと、目からうろこが落ちるような大きな発見があるはずです。

本書で「因果関係」と「相関関係」の違いを理解し、
日常生活の中で「本当に因果関係があるか」を考えるトレーニングをしておけば、
思い込みや根拠のない通説にとらわれることなく、正しい判断ができるようになります。

仕事でデータを扱っている方、情報をもとにした意思決定を求められる経営者や管理職の方にもおすすめです。
テレビや新聞の情報、通説に振り回されず、
自分で根拠のある情報を選び取って判断できる力を身につけましょう。