キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

新装版 上司が「鬼」とならねば部下は動かず―強い上司、強い部下を作る、31の黄金律

著者 染谷和巳
ナレーター 和村康市

再生時間 07:41:29

出版社 プレジデント社

出版日 2013/3/29

配信日 2017/10/23

図表 なし

分割ファイル数 33 枚

倍速版 あり

¥1,512 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

「いい人」でいたいと思ったら、部下も自分も伸びない!

シリーズ累計70万部を突破し話題となった人気作が登場。
厳しい状況の中で、強い部下を育て、強い組織を作るための正しい在り方を紹介。
あなたは会社や部下を強くすることができる上司だろうか?
自分自身の上司としての在り方、仕事のやり方を振り返りながら聞いてほしい。

本作品では、上司や部下を奮い立たせる31の教えを紹介しています。

例えばこんな教えがある。

「手取り25万円」社員の意識を変えるには、
300万円の売上を上げて初めて「その額の給料」をお前に払える、と教えよ!

社員の意識が低いのは「俺は会社から25万円しかもらってない」と
手取り給料25万円の意識で行動しているのが原因である。

自分の給料を自分の力で稼ぐとなると、
実際は商品原価(材料費)宣伝広告費、通信費、出張旅費、運搬費などの
経費がかかるため、最低300万円の売り上げを出さなければならないのだ。

こういう考えを上司がしっかりと部下に教えなければならない。

上司のあなたが強くなれば、部下を強い社員に育てることもできる。
また、会社も強くなる。
上司の強さ、弱さが、会社という組織の生死を分けているのだ。

強くて指導力のある厳しい上司の在り方を知り、自分がどうあるべきかを考えるきっかけにしてほしい。