キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

りそなの会計士はなぜ死んだのか

著者 山口敦雄
ナレーター 佐々木健

再生時間 04:26:17

出版社 毎日新聞社

出版日 2003/7/1

配信日 2017/8/2

図表 なし

分割ファイル数 14 枚

倍速版 あり

¥1,404 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

果たしてりそな担当の会計士は自殺したのか、それとも……?
毎日新聞エコノミスト記者がスクープし、日本経済の闇をえぐった衝撃作がオーディオブック化。
遺族や関係者への丹念な取材により「りそなショック」の本質を浮かび上がらせた一冊を、お聞きください。

2003年4月、りそな銀行を担当していた朝日監査法人の会計士が自殺した。
彼が自殺したのは、りそなの決算数値が固まる日だった。
経済誌「エコノミスト」記者の著者はその事実をいち早く知り、スクープした。

その直後、りそなは実質国有化への道を歩む。
朝日監査法人が決算直前、新日本監査法人との共同監査を降りていた事実も明らかになった。

死後、メディアの多くは「厳格査定を貫こうとした会計士に対し、
りそな側と監査法人上層部が結託して反発したことへの抗議の自殺」と解釈した。

だが、実は自殺した会計士をリーダーとする監査チームは、
繰り延べ税金資産を一定年数認めるなど、
むしろ「甘め」に見積もることで、りそなを救おうとしていた。

会計士の死、監査辞退、りそなショックという一連の流れを整理することで、
会計士が死を選んだ真相を探る。

数々の思惑の中で翻弄された会計士の死を通して、日本経済の闇の部分を見通そうとする一冊。