キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術

著者 下園壮太
ナレーター 和村康市

再生時間 04:58:18

出版社 朝日新聞出版

出版日 2013/2/13

配信日 2017/7/19

図表 12 枚

分割ファイル数 15 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

自衛官はなぜ、潰れずに過酷な任務を続けられるのか?

陸上自衛隊初の心理幹部として、多くのカウンセリングを手がける下園壮太の話題作。
心のエネルギーの上手なマネジメント方法、心身を疲れさせずに整える術を実践的にお教えします。

心軽やかに生きるためのヒント、つらい状況に陥るパターンがわかる本書は、管理職やリーダーにも必聴の一冊です。

体も心も酷使する現代社会。
体の疲れはわかりやすくても、心の疲れは自覚しにくく、周りも察知しにくいものです。
そしてある日突然、ポッキリと折れてしまいます。

現在の日本は、自殺が14年連続で3万人を越えてきたストレス社会。
近年増えてきているうつ状態は、蓄積された疲労が原因である場合が多いといいます。
そんなケースには特に疲労のコントロールが必要なのです。

本作品では、災害救援などで長期間にわたり過酷な任務を続ける自衛官たちに
メンタルヘルスの面から強力な支援を続けてきた著者が、
どんな長期戦でも心身の健康を保つための「心のエネルギー」の上手な使い方を教えます。

ムリをして疲労がたまっているのに、それを自覚できず、止められず、深みにはまっていくメカニズムと対処法。
心のエネルギーを最も低下させる、感情のムダ遣いのメカニズムと予防法。
エネルギーの出し方にムラがあり、自分と周囲が翻弄される「うつのリハビリ期」と「新型うつ」への対処法。

本書では、これらの「ムリ・ムダ・ムラ」の予防法や対処法をお教えします。

自衛官のメンタルヘルスの維持方法は、短期的な感情に振り回されず、長期戦に耐えることに重点を置いています。
ビジネスの動きの速さに対応し続けながら、長く働き続ける現代のビジネスパーソンにとって
大いに参考になることでしょう。

自衛官の心の強さの秘訣を知り、折れないメンタルを育てましょう。