キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

節税大百科─週刊東洋経済eビジネス新書No.154

ナレーター 大谷幸司

再生時間 02:32:48

出版社 東洋経済新報社

配信日 2017/7/13

図表 5 枚

分割ファイル数 16 枚

倍速版 あり

¥756 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

14年の消費増税、15年の相続増税、16年には年収1200万円超の会社員が、17年は年収1000万円超も給与所得控除が下がり、家計負担増が続く。

課税逃れを防ぐための制度作りも急速に進んでいる。その代表例がマイナンバー制度。富裕僧の課税逃れに対抗するため、国外財産調書、出国税、財産債務調書といった制度も導入された。資産隠しに対する税務当局の監視の目は着実に厳しくなっている。

いま家計にとってできることは何か。それは適正なやり方による節税だ。
 後で知って後悔しないよう、正しい「節税」を知ろう。