週刊宮本武蔵アーカイブ(26)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 01:47:13

販売開始日 2017/5/5

図表 なし

チャプター数 5

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第110回 通夜童子
行き疲れた足を止め、野路の岐れに立ち迷っていた武蔵。風邪気などというものは知らないが、飢えや人恋しさから体に若干の気怠さを覚えていた。ふと、足の下で大きな水音がしたので、土橋の上から小川の窪を覗きこむ。するとそこには、笊で泥鰌をすくおうとする幼い土民の姿があった。

第111回 一指さす天
「弟子にする」。武蔵からこの言葉を聞き、非常なまでに喜ぶ三之助。翌朝、祖父の代から住んでいた藁屋に別れを告げると、武蔵に火をつけてもらい、家ごと焼いてもらった。三之助は灰となった小屋にはなんの感奮も持たず、先を急こうとするが、「いや、まだまだ」と武蔵に引き留められてしまう。理由を尋ねると、焼け跡となったこの地に、再び小屋を建てにかかるというのであった。

第112回 この師この弟子
空の密雲を眺め、並々ならぬ豪雨を予言した伊織は、村の方へと駆けて行った。その後、彼の言った通り、凶暴な風雨が募ってくる。武蔵は一人小屋へ帰ったが、あまりにも恐ろしい雨量なので、弟子の身を案じては時々外を見まわしていた。様々なものが濁流にのまれていく。もしや……。

第113回 土匪来
寺参りを口実に、多忙な江戸の藩邸から逃れてきた大檀那・長岡佐渡。一酌をかたむけた後、蛙の鳴き声を聴きながらくつろいでいると、一人の童がこちらを覗き見ていた。寺僧が怒鳴ると、その小さな影はバタバタと逃げ去ってしまう。おもしろそうな奴だと、その少年に興味を持つ佐渡であったが……。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...