リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

赤朽葉家の伝説

著者 桜庭一樹
ナレーター 八木田幸恵

再生時間 17:32:40

出版社 東京創元社

出版日 2010/9/18

配信日 2017/5/4

図表 なし

分割ファイル数 46 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

第60回日本推理作家協会賞受賞、『このミステリーがすごい!2008年版』国内編で2位にランクインし、
直木賞候補作にもなった桜庭一樹の代表作がオーディオ化!

千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。
著者自身の故郷である鳥取県を舞台に描いた、赤朽葉家の女三代の物語をお楽しみください。

【あらすじ】
「山の民」に置き去られた赤ん坊。この子は村の若夫婦に引き取られ、
のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。
これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。
――千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。
高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、
そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。