キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

北方謙三 水滸伝 第1巻曙光の章(第1回~第65回)

著者 北方謙三

再生時間 09:45:00

出版社 集英社

出版日 2006/10/18

配信日 2017/2/8

図表 なし

分割ファイル数 65 枚

倍速版 なし

¥1,728 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

2011年4月よりKBCラジオで放送されている朗読番組「ミヤリサン製薬プレゼンツ 北方謙三 水滸伝」が、いつでもどこでもお楽しみいただけるようになりました!

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

※ラジオ放送音源を使用しているため、オープニング音声などが収録されています。

<あらすじ>
12世紀初頭、中国。腐敗混濁の世を糺すために、豪傑・好漢が「替天行道」の旗のもと、梁山泊に集結する。下級役人の宋江、塾の教師・呉用。禁軍の槍術師範だった林冲。官軍を離脱した秦明、花栄、楊志。出奔し放浪中の僧侶・魯智深。虎と素手で闘った怪力・武松…。一方、宋は最強の軍人・童貫が禁軍を立て直し、迎え撃つ。影で怪しく動く青蓮寺…。志か、権力への執着か。男たちの熱く、終わりなき戦い!