週刊宮本武蔵アーカイブ(23)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 02:03:46

販売開始日 2017/2/3

図表 なし

チャプター数 6

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第97回 毒歯
お通を強引に連れ去っては来たものの、まるで言う事を聞いてもらえず途方に暮れる又八。彼女が自分の事をここまで嫌うようになった原因を考えると同時に、以前、佐々木小次郎が武蔵の腹黒さについて罵っていた事を思い返していた。「尻の毛まで抜かれるぞ」という彼の忠言に同調した又八は、武蔵が自分のお人好しにつけ込んで、お通の心を誘惑したのだと決めつけてしまうのであった。

第98回 星の中
権之助の家の一間で一夜を明かした武蔵。権之助も老母もまだ眠っているに違いないと察せられたので、寝床の中でうつらうつらとしていると、二間ほど先の襖から何者かがすすり泣く声が聞こえてくる。耳を澄ますと、泣き声の主はどうやら権之助らしく、武蔵に負けた事をひどく悔しがっている様子であった。それならばと老母は武蔵に再戦を申し込むよう権之助を説得する。その始終を聞いてしまった武蔵は、次の試合をどう扱うべきかと困り果てるのであった。

第99回 導母の杖
瘤山の麓の道端に、自分の居場所を知らせる立て看板を作り、大蔵と城太郎の到着を待つ武蔵。しかし、いつまで経っても彼らの姿が見えないので、一度、麓の宿場へ戻ろうとする。と、その時、岩山の下から殺気めいたぶしつけな怒鳴り声が響き渡った。武蔵の足を止めたのは、おとといの晩、武蔵との試合に敗れ、再戦を申し込みに来た権之助であった。

第100回 一夕の恋
城太郎を捜し、お通の消息を知らねばならない武蔵であったが、権之助から受けた傷の痛みがなかなかひかないため、気が冴えずにいた。そう感じてから下諏訪まで足を伸ばした武蔵は、野天風呂に浸かりながら体をほぐす事にする。と、その店先に、武蔵を捜しているらしい武家の者が訪ねてきた。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...