週刊宮本武蔵アーカイブ(22)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 02:37:15

販売開始日 2017/1/6

図表 なし

チャプター数 7

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第92回 連理の枝
烏丸家の口添えにより借り受けた山月案で病を養うお通。下り松での決戦の結果はここにも伝わっており、武蔵が無事だと分かると、彼女の血色は日増しに良くなっていった。ある日、武蔵の居場所を聞きつけてきた城太郎が、今すぐ会いに行こうとお通を誘う。だがお通は、武蔵とは既に今生の別れを済ませていると言い、動こうとはしなかった。

第93回 送春譜
牛の背に乗り、お通と落ち合う約束の場所へと向かっていた武蔵。以前までの彼は、女性というものに対し堅く構えていたが、今は違う。お通のように覚悟があり、聞きわけもよく、聡明な女性ならば、剣の道の妨げになる事はないと確信し、彼女には何もかもを許しきっていた。やがて目標の地にたどり着くと、お通と城太郎は既に到着しており、彼女らもまた、武蔵との再会を待ちわびていた。

第94回 女滝男滝
中津川の宿場端れで、ようやく武蔵に追いついた又八。その後ろ姿を見るや否や、又八は顔色を変え、疑いの視線を送る。武蔵が引く牛の背に、お通が乗っているのを目撃したためであった。二人の睦まじい様子を見て、又八はかつてない程の憎悪と嫉妬を抱く。そんな気配に勘づく事もなく、武蔵ら一行は滝の元で一旦休憩を挟むのであった。

第95回 普賢
馬篭峠の滝で気持ちがすれ違って以来、武蔵とお通は互いに口を利き辛くなってしまい、大きく距離を置いて歩いていた。お通についていた城太郎は、食べ物をねだったり、時々ませた口でお通をからかったりしている。城太郎の生意気さにお通が手を焼いていると、尖った一声が二人の足を止めた。その声の主とは……。

第96回 木曾冠者
又八がお通の牛を攫って、彼女ぐるみどこかへ攫って行ったという噂は、先の丘にいた武蔵にも伝わっていた。急いで来た道を駆け戻り、茶店のおやじに事情を尋ねたところ、又八らは野婦之池の方へ向かったという。しかし、池らしい所はなかなか見つからず、道に迷ったかと思われたその時、一叢の防風林に囲まれた農家からぼうと赤い光が射した。地内にはお通が乗っていた牝牛が繋がれているのであった。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...