キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

亡国の農協改革

著者 三橋貴明
ナレーター 保阪孝允

再生時間 06:45:25

出版社 飛鳥新社

出版日 2015/9/8

配信日 2017/1/4

図表 26 枚

分割ファイル数 19 枚

倍速版 あり

¥1,500 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

緊急出版!日本の食料安保解体の危機を訴える「最大の問題作」が登場!

「市場競争、世界に打って出る」に騙されるな!
利益追求とは違う論理で地域社会を支えている農協に政治が介入することで、地域はどう変わるのか?
メディアと政権の嘘に騙されず、正しい情報を得て、自ら考えるための一冊です。

日本の農業、農家は世界で最も保護されている。
全農が、独占的に農家や農協に高く農薬や肥料を売りつけている。

多くの人が、このように感じていることでしょう。
しかし実際には、これらは完璧な嘘なのです。

もし、あなたもこのような認識を持ち、農協改革こそ日本の競争力を高める改革だと信じているなら、
本作品は、あなたが信じている多くの嘘を暴き、新たな認識を持たせてくれるきっかけとなることでしょう。

本作品では、自らも農協の真実を知らなかったという著者が、
日本の食料安保を支え、地域社会の維持に貢献している農協の実態に迫り、
私たちに「正しい情報」と自ら考えるきっかけを与えようとした渾身の一冊です。

・日本ほど農業を保護していない主要国はない
・ヨーロッパの農家の所得の9割超が税金から支払われている
・アメリカは農産物に兆円単位の輸出補助金を毎年出して、競争力を維持している
・廃業が進んだ農地を株式会社が取得、転用する不動産ビジネスが始まっている
・JAの金融サービスを切り離し、株式会社化して外資に差し出す規制緩和が進行中

このような、多くのメディアでは正確に取り上げられていない真実を、
本作品では数多く紹介しています。

日本は農協改革によって、そしてTPP批准によって、どのように変わっていくのか。
多くのメディアが伝えていない、隠された真実を紹介する本作を通して、日本の将来をじっくりと考えてみませんか?