みにくいアヒルの子

ナレーター中島定吉

再生時間 00:46:17

出版社 青空文庫

出版日 2007/11/30

販売開始日 2007/12/25

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

アンデルセンが役者として芽の出ない自分を投影して作ったと言われる本作。感動のラストをもう一度!


『みにくいアヒルの子』 たくさんのアヒルの群れの中に、一羽だけ他のアヒルの子供達にまったく似ていないひな鳥がいました。似ていないことでそのひな鳥は、周りのアヒル達に大変いじめられました。とうとう耐えられなくなり、ひな鳥はその群れを逃げ出しました。そうして飢えや寂しさに耐えながら一冬を越し、ある日池のほとりでふと自分の姿を眺めると、なんとそこには美しい白鳥の姿が映っているではありませんか。 子供のころに一度は読んだことのあるおなじみの作品。次は音声版でお楽しみください。

本作品は発表時の未熟な時代背景から、今日の社会では一般的でなく、不適切と思われる表現が含まれている箇所がございます。
しかし作品のオリジナル性を最大限に尊重し、なるべく当時のまま忠実に再現することを優先いたしました。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close