週刊宮本武蔵アーカイブ(21)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 01:50:58

販売開始日 2016/12/2

図表 なし

チャプター数 5

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第88回 菩提一刀
無動寺の奥まった一間のうちで、十句観音経をつぶやく一人の客人。食事を運んできた稚児僧の呼び掛けにも気づかず、客人は観音様の彫刻を不器用な手つきで彫っていた。彼は数日前、血まみれな姿をして、剣を杖に、ここを訪ねてきた武者修行者である。その正体は言うまでもなく、吉岡との闘いを終えた武蔵であった。

第89回 乳
お杉婆を牝牛の背に乗せ、手綱を引きながら歩を進める武蔵。お杉婆にはこれまで散々一苦しめられてきたが、どうしてか武蔵はそれほど強い憎しみを覚えなかった。それどころか、朝から食べ物も水も口にせず、元気のない老婆の姿を見て、不憫にさえ思うのであった。いくら気を遣ったところで婆の反感を煽るのみだったので、やむを得ず少し離れたところで一人弁当の紐を解く。その時、婆に近寄った見知らぬ女が何やら相談を始めた。

第90回 蝶と風
5年ぶりに再会した又八に対し、激励の言葉を送る武蔵。その内容とは、今後又八には己を磨き、何らかの功績を上げてほしい、そのためならばどんな力も貸そうというものであった。この言葉に心を打たれた又八は、涙を流し、今日を心の誕生日として生まれ直す決心をする。だが、彼には1つ、武蔵には言い難い問題があった……。

第91回 道聴途説
茶店の床几で横になっている間に、そのまま寝入ってしまった武蔵。ふと目を覚ますと、いつの間にか陽は傾いており、石切職人たちの饒舌な話し声が聞こえてきた。彼らは、宮本武蔵という男がたった一人で吉岡家を破った事件について、騒々しく語っていたのである。その話を聞き、甚だ面白くないと感じたとある青年が、石切たちに声をかけるのだが……。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...