芥川龍之介 02「杜子春」

ナレーター佐々木健

再生時間 00:45:16

出版社 青空文庫

出版日 2007/12/19

販売開始日 2007/12/25

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

大正文学の最期を飾った大文豪、芥川龍之介。時代・スタイル・文体を思うままに操り表現されたその多彩な短編小説の数々をどうぞご堪能ください。


『杜子春』は芥川龍之介の代表的な小説です。主人公の杜子春は、放蕩にふけり財産を使い果たしてしまう。途方にくれた杜子春は仙人に出会う。仙人の教えにより大金をつかむが、贅沢な暮らしの中でこれを使い果たしてしまう。そのたびに仙人に助けられ大金をつかむが、放蕩三昧は変わらない。いよいよそんな自分に嫌気がさした杜子春は、「仙人になりたい」と申し出る。そして仙人になるために杜子春に課された試練は、いかなることがあっても決して口を利いてはならないということ。杜子春は地獄に落とされ恐ろしい体験をする。たぶらかしてくる地獄の魔物たちの脅しにも耐え、最後まで口をつぐむ杜子春だったが……。 そして杜子春の結末はいかに。本当に大切なこととはいったい何なのか…。仙人が杜子春に説いた最後の教えとは? 名作『杜子春』をオーディオブックでどうぞ! (『仙人』同時収録)

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close