リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

資本主義の極意―明治維新から世界恐慌へ

著者 佐藤優
ナレーター 佐々木健

再生時間 05:20:56

出版社 NHK出版

出版日 2016/1/7

配信日 2016/11/15

図表 10 枚

分割ファイル数 18 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

生き方から国際情勢までを規定する「資本主義」の本質はどこにあるのか?

テロから金融危機まで、あらゆる国際情勢・社会情勢を紐解くカギとなる「資本主義」の本質を佐藤優氏が解き明かします。
日本における資本主義の発展の歴史と、現代の日本と国際情勢をめぐる様々な出来事についても分析し、
格差を生みつつも今後も続いていく資本主義社会の矛盾の中で生きる心構えが身につく一冊です。

トマ・ピケティの『21世紀の資本』が13万部のベストセラーとなるなど、
今、多くの日本人が資本主義のゆくえに強い関心を抱いています。

働いて会社の利益が増えても、そこで働く社員には十分な還元は行われず、
超富裕層と一般のビジネスパーソンの格差は開いていくばかり。
そして非正規雇用のまま結婚すらおぼつかず、将来に不安を抱えて生きる若者たち。

フランスでは同時多発テロが起き、日本が世界の各国とどのような関係を築いていくのか、
戦争は再び起こるのか、といった議論も盛んになっています。

このような一個人の生き方から国際情勢までを規定する「資本主義」に対して、
もはや限界が来ているという論も出てくるようになりましたが、著者は「いかに綻びが生じているとはいえ、
予見される未来に資本主義に代わる新たなシステムが到来するとは、とても考えられない」と語っています。

私たちはこれからも、資本主義の矛盾と付き合いながら、現代を生きていかねばならないのです。

本作品では、資本主義を冷徹に分析する目を持つ経済学である宇野経済学を紐解きながら、
資本主義の本質に迫り、そこから日本や世界の諸問題についても分析しています。

日本は、世界は、これからどのように変化していくのか。
その答えを資本主義の本質を見つめることによって導き出そうとする本作品をお聞きいただくことで、
ビジネスパーソンに役立つ日本近代史の知識を効率よく取り入れることができ、
さらに、この現代社会の問題の核心を知り、自分自身の生き方の選択にも役立てることができるでしょう。