週刊宮本武蔵アーカイブ(20)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 02:07:24

販売開始日 2016/11/4

図表 なし

チャプター数 7

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第84回 木魂(2)
武蔵に抱かれながら水を飲ませてもらい、ほっと息をついたお通。少しの間、武蔵と二人きりにしてほしいと城太郎に頼むと、彼は仕方なくその場から離れていった。二人だけの時間がようやく訪れる。この一時に互いに貯め込んできた想いをぶつけようとするが、いざ二人になるとなかなか切り出す事が出来ず、時刻だけがいたずらに過ぎていくのであった……。

第85回 はぐれた雁
武蔵と吉岡勢がぶつかる一乗寺村へ向かっていた又八とお杉婆。先を急ぐ息子の足にお杉婆はついていけず、遅れがちになっていた。そこへ、突如女の悲鳴が響き渡る。又八は不意に崖を下り、沢の方へ降りて行った。するとそこには、川の水を掬って口へ運ぶ朱美の姿があった。

第86回 生死一路
なかなか姿を現さない武蔵に、痺れを切らし始めた吉岡一門。苛立つ彼らに対し小次郎は、武蔵がこの戦いから逃げる事など考えられない、決して備えを崩してはならないと叱咤した。続いて、吉岡方の名目人である源次郎には、総大将なのだからもっと警戒しておかなければならない旨を説く。武蔵はその頃、心の中にいるお通の幻影を振り払い、吉岡勢が待ち侘びる試合の場所へと向かっていた。

第87回 霧風
吉岡一門と対峙した武蔵は、まるで最初から目的物としていたかのように源次郎少年の首を斬り落とした。これに激昂した吉岡一門は、すぐさま反撃を試みるが、武蔵の前においてはそれも無力に等しかった。相互が息を改めた刹那には、武蔵は下り松に背を張りつけ、呼吸を整えながら次の地の利を覗っていた。と、その時、吉岡勢に武蔵の居場所を教える何者かの声が聞こえてくる……。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...