キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

梅崎春生「桜島」

著者 梅崎春生

再生時間 02:28:38

出版社 響林社

出版日 2016/6/10

配信日 2016/10/26

図表 なし

分割ファイル数 8 枚

倍速版 なし

¥324 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

「桜島」は、梅崎春生が終戦後の1946年に発表し、新進作家として注目された作品であるが、徴兵を受け、鹿児島県の桜島で暗号兵として敗戦を迎えた時の体験が反映されている。戦争末期、沖縄が陥ち、米軍の本土上陸必至と予想され、グラマンの空襲も受けるようになった桜島の海軍通信基地での勤務の中での、緊張感、焦燥や絶望、虚無的な人間模様を描く。