週刊宮本武蔵アーカイブ(19)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 02:23:52

販売開始日 2016/10/7

図表 なし

チャプター数 6

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第79回 門(2)
吉岡勢と武蔵との斬合に待ったをかけたのは佐々木小次郎であった。小次郎は、社会の秩序を乱すようなこの態は武士たる者の恥であり、解決を図るならば、時や場所を選び直すべきだと演説し、吉岡方の者らを黙らせる。剣の作法に従う事にした双方は、果し合いの主旨を定めるとともに、試合の日時を取り決めるのであった。

第80回 明日待酒
武蔵が吉岡方と三度目の試合をする事を知った又八は、急いで旅籠へ戻り、この事をお杉婆に告げた。数日前、お通を討ち損ね、落胆していたお杉隠居であったが、又八の話を聞くと、すぐさま起き上がり、吉岡方の助太刀をするため、今すぐ四条道場へ向かうと言う。だが、自分ら親子などが相手にされる訳がない、武蔵を討ち取った後、髪の毛なり片腕なりを貰って故郷に持ち帰ればよいという又八の尤もな意見に、お杉隠居は賛同した。そんな折、小窓の外には又八がよく見知った一人の少女の姿があった。

第81回 必殺の地
武蔵との試合の場に現れた吉岡の軍勢は予想以上に少なく、それはまるで吉岡家が廃った事を象徴するかのような光景であった。敵も何名かの加勢がついてくるにちがいないと考えた吉岡衆は、次こそは確実に武蔵を仕留めるため、弓や鉄砲まで持ち出し、彼の到着を待つのだが……。

第82回 月一つ
つかの間の睡眠の後、吉岡勢が待ち受ける一乗寺址下り松へと歩みを進める武蔵。死というものに対し、あまりにも覚悟しきってしまったせいか、彼の心情は清々しいものであった。志賀山越えの方角を目指し、河原に架かった加茂の舟橋を中ごろまで渡ったころ、武蔵の事を呼びながら、手を挙げて駆けてくる者があった。親しげに話かけてくるその男の正体は佐々木小次郎であった。

第83回 木魂(1)
吉岡一門が待ち構える一乗寺藪之郷下り松へ行くためには、三つの道筋があった。だが、武蔵は三道のいずれも選ばず、一乗寺方面とは反対の方角へ駆けて行く。山を登り、高い位置から一乗寺を一望する事が武蔵の狙いであった。やがて山の中腹あたりまでやってくると、不意に、一人の男が武蔵に声を掛けてくる。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...