アプリ バージョン 1.33.1のダウンロード不具合について【修正しました】

イノベーションの最終解

ナレーター市村徹

再生時間 14:32:32

出版社 翔泳社

出版日 2014/7/8

販売開始日 2016/8/19

図表 35 枚

チャプター数 44

倍速版 あり

作品紹介

イノベーションがもたらす破壊を予見するための理論的枠組みとは?
経営学の歴史的名著「イノベーションのジレンマ」、「イノベーションへの解」に続く第3弾、最終章がついに登場!

データが不足している中でも業界全体の動向を判断するための理論的枠組みを提示し、将来を見通すための方法を提供します。
いち早く動向の変化の兆しを掴み、業界を俯瞰して適切な対応をとるための方法を示すシリーズの画期的到達地点です。

「目の前の変化が、イノベーションの前兆なのか、それともノイズに過ぎないのか?」
「イノベーションの理論をどう使えば産業構造の変化を見通せるのか?」

本作は、こうした問いに答えるためのツールを与えてくれる作品です。

いまビジネスの世界では、商品の登場から普及までのペースがますます加速しています。
メール全盛だった時代に登場し、あっという間に世の中を席巻したコミュニケーションアプリ「LINE」はその顕著な例でしょう。
変化の激しい今だからこそ、その兆候をいち早く掴み先手を打つことは死活問題です。

しかし破壊的なイノベーションのような劇的な変化は、過去のデータからは分かりません。
過去が将来推計のよい材料となるのは、連続的な変化の中にいるときだけなのです。
これまでクリステンセン教授が一連の作品で扱ってきた「イノベーション」の最中では、過去はもはや役に立たないのです。

そこでクリステンセン教授は言います。
「現状を正確に理解し、将来を予測するには、理論のレンズを通して将来を見るのが一番だ。」
「優れた理論はデータが不足しているときでも重要な動向を理解するための確実な方法を教えてくれる。」

経営者や事業責任者の方など産業を俯瞰する立場の方はもちろん、あらゆる方にとって、
本作を聴けば目の前の状況が変わって見えてくるはずです。

もしかすると今すぐに行動を起こすべき破壊的変化の兆候が見えてくるかもしれません。

破壊的イノベーションの兆しをいち早く掴み、そして将来を見通すためのぜひこの作品をお聴きください。

SEEING WHAT'S NEXT by Clayton Christensen, Erik Roth, and Scott Anthony
Original Work copyright (c) 2004 Harvard Business School Publishing Corporation
Published by arrangement with Harvard Business Review Press, Watertown,
Massachusetts through Tuttle-Mori Agency, Inc., Tokyo

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...