週刊宮本武蔵アーカイブ(16)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 01:47:37

販売開始日 2016/7/1

図表 なし

チャプター数 4

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」のアーカイブパッケージ版です。


第66回 悲母悲心(1)
又八からの手紙に招かれ、音羽山の地主権現へやってきたお杉隠居と、付き添いのお通。たしかにこの場所だと手紙にあるのだが、又八の姿はどこにも見当たらなかった。お杉はがっかりし、少し道を下って行くと、大きな杉の樹の蔭から手招きをしている人影があった。おどおどしながら竦みこんでいるその影の正体は又八であった。

第67回 悲母悲心(2)
塵間塚の前で佇みながら、お杉婆が戻るのを待っていたお通。この隙に逃げ出す事も考えたが、ここできっちり又八と話をつけるため、思い止まった。武蔵や城太郎の事を考えながら、ぼんやり星を眺めていると、暗がりから自分を名前を呼ぶ声が聞こえてくる。声の主は又八であった。これまでの所業を謝り、復縁を迫ってくる又八に対し、お通は……。

第68回 鍬
音羽の滝の辺りで、沢庵がお通の名を叫んだ。その声を聞いた又八は、この場を離れようとお杉婆を急かすが、婆はお通の首を故郷へ持ち帰るため、死骸の首に刃を当てようとしていた。すると突然、お杉婆が驚きの声を上げる。よく確かめると、その死骸はお通ではなく、又八のよく知っているあの牢人者であった。

第69回 町人(1)
らかん橋の上で妙秀尼に声を掛けられた武蔵。招かれた家で光悦とも再会すると、翌(あく)る日も、またその翌日も、刀の扱いや研ぎ方について彼に教えを乞いていた。長居をしてはならないと思いながらも、武蔵はつい光悦らの好意に甘えてしまう。そんなある日、一緒に遊廓(くるわ)を見に行かないかという光悦からの誘いを受けた。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...