吉川英治「静御前」

聴き放題対象

再生時間 00:44:24

出版社 響林社

出版日 2016/1/25

販売開始日 2016/2/26

図表 なし

チャプター数 2

倍速版 なし

作品紹介

平家を倒した立役者である源義経に見初められた当代名うての白拍子であった静御前の悲劇を描きます。
義経は平家征討により都での評判が高まりますが、武家政権の樹立を目指す兄頼朝の意に反して位階を受けたりしたため、不和が次第に深まり、遂に義経追討の命が下されます。
京の屋敷にいた義経は鎌倉方に急襲されますが、頼朝と争うつもりはなく、辛くも脱出し、西国に逃れることになりました。静は雪深い吉野山で義経と、再会を約しながら涙の別れをします。
そして鎌倉方に捕われ、厳しい尋問を受けますが、実際に行方を知らない以上、答えようがありません。やがて、頼朝の命により、鶴岡八幡宮の神前に舞を奉納した場面は後世によく知られています。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close