リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

14歳からのお金の話

著者 池上彰
ナレーター 矢島雅弘

再生時間 02:27:39

出版社 マガジンハウス

出版日 2008/4/24

配信日 2015/11/25

図表 なし

分割ファイル数 10 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

Amazon評価4.4の高評価!
audiobook.jpでも大人気の池上彰氏による『14歳からのお金の話』が、遂にオーディオブックとなって登場!
意外と知らない「お金の本質」を、池上彰氏がシンプルにわかりやすく解説します。

貯蓄と投資の違いとは?消費者金融とは?等、
今更聞きづらい「お金にまつわる基本的な知識」を得たい方におすすめの一作です。

あなたは、お金はなぜ「お金」なのだろう、と考えたことはありますか?
例えば私たちが持っている1000円札。
千円と書いているから1000円なのですが、よく見るとただの紙切れです。
あなたが勝手に「千円」と書いた紙を作っても、それはお金になりません。
それが「日本銀行券」と印刷してあると、みんながお金として使うのです。

一見当たり前のことではありますが、本作品ではそのお金の本質から
お金の歴史、お金はどのように使われどこに行くのか、
世の中の不思議をお金から解き明かします。

・金融機関はどんな仕事をしている?
・円安、円高とは?
・フリーターとニートの違いって?
・経済の仕組み?

このような問いに、子供にもわかりやすく理解できるよう
シンプルに答えてくれる本作品は、
大人でも「お金って、そういうことだったのか!」と
納得できる内容が沢山詰まっています。

本作品を聴いて、「お金の本質」を楽しく知ることで、
大人としてのお金の基礎知識を身につけてみませんか?