アプリ バージョン 1.33.1のダウンロード不具合について【修正しました】

週刊宮本武蔵アーカイブ(8)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 02:53:24

販売開始日 2015/11/6

図表 なし

チャプター数 10

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」で配信した2015年10月分をまとめたアーカイブパッケージ版です。


第31話 太郎
城主が可愛がっていた犬・太郎を撃ち殺した城太郎に対し、家臣の一人が罰を与えていた。子供とは思えない程の抵抗を見せる城太郎であったが、背後からの攻撃に、いよいよ命の危機が迫る。その瞬間、それまでその様子を傍観していた武蔵が初めて腕を解いた。彼らの間に入り、下僕の罪は主人の罪でもあると言い放つ武蔵であったが、謝罪や陳弁の意図はなく、家臣や四高弟を煽る挑戦的な言葉を後に続けるのであった。

第32話 心火
四高弟に囲まれた状況の中、隙をうかがいながら相手からの攻撃を待つ武蔵であったが、4人の達人は一向に陣形を変えない。一方、武蔵の手ごわさを察した四高弟側も、なかなか斬りこめず、互いに毛ほどの気の緩みも許されない状況であった。そんな中、誰が吹くのか、林の奥から風に運ばれてきた笛の音が、武蔵の聴覚をハッとさせる。武蔵の心身が脆いものになったその刹那を、四高弟が見逃すはずはなかった。

第33回 鶯
昨晩、武蔵と四高弟の合戦が開始された頃、城太郎は彼らの斬り合いを止めるべく、石舟斎とお通のもとを訪れていた。話を聞いたお通は城太郎の師匠が武蔵だという事を知り、口がきけなくなるほど驚くのであった。武蔵の生存を信じ、翌日彼を探しに出る事にした二人。もうすぐ武蔵に会えるかもしれない……そんな期待もあってか、今朝のお通はいつもより華やいで見えた。

第34回 西瓜
徳川家が封建統制を敷き始めた頃、伏見町は多くの商売人で賑わっていた。すっかり力のない姿に変わり果ててしまった又八もまた、石曳きとしてこの町で働いているのであった。休憩中、彼は百姓から購入した西瓜をにぶい眼でながめながら、この先、五、六年のうちに、武蔵やお甲を見返し、お通を迎え取る決心をする。そんな事を考えていると、いつの間に来ていたのか一人の武者修行の若者が、伏見城の地勢や工事のさまを少しところから眺めていた。

第35回 佐々木小次郎
工事場から逃げ出そうとした武者修行の男であったが、その様子を高い所から見ていた上役が大きな声をあげると、石工や土工たちが一斉に彼のもとに駆け集まってきた。怪我人や死者が幾人も出るほどの騒動になったが、その一瞬の後には、皆が何事もなかったかのように各々の職場に戻っていた。人足頭や目付の侍から、倒れた武者修行者の番をするよう命じられた又八は、彼をあわれに思い、ぼんやりしながら見張っていると、完全に死んだと思われたその体がずるりと動き出すのであった。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...