坂口安吾「教祖の文学―小林秀雄論」

聴き放題対象

再生時間 01:18:12

出版社 響林社

出版日 2015/8/24

販売開始日 2015/10/1

図表 なし

チャプター数 5

倍速版 なし

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

坂口安吾による、旧友の小林秀雄に対する痛烈な批判の一書。もともとは文壇デビュー当時から文学仲間であり、飲み友達、囲碁の友でもあった小林に対して、激越な批判を行うきっかけとなったのは、小林が戦後直後に出版した『無常といふ事』が文壇を席巻し、まさに教祖のような存在になったことにある。
歴史の必然なるものを説き、生きている作家など興味はない、小説は19世紀で終わった、西行や実朝の苦悩には関心はなく、その残した作品を読めば人間がわかる等々の独断的評論に対して、ドグマ、権威に対する反発が人一倍激しい安吾が、自らの人生観、文学観を全開にして徹底的に論駁している。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...