週刊宮本武蔵アーカイブ(6)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 02:04:52

販売開始日 2015/9/4

図表 なし

チャプター数 7

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」で配信した2015年6月分をまとめたアーカイブパッケージ版です。


第23話 奈良の宿
宝蔵院の高弟である阿厳を一撃で倒し、勝利を収めたにも関わらず、武蔵は敗北を感じていた。その原因は老僧・日観の発する気に圧倒されたためであった。帰り道、武蔵はとある饅頭屋に立ち寄る。店の女から、近くの宿屋を紹介してもらい、武蔵はそこで城太郎を待つことにした。だが、最初に訪ねてきたのは城太郎ではなく、宝蔵院で武蔵の戦いを見物していたという三人の武芸者であった。

第24話 般若野
奈良の宿を発とうとする武蔵のもとに、饅頭屋の女房が息せききって訪ねてきた。彼女が言うには、どうやら武蔵に対して恨みを持った宝蔵院の坊主たちが先回りをし、彼を捕らえようと待ち構えているというのである。今出発するのはよした方がよいと女房に止められる武蔵であったが、これ以上宿に迷惑をかけるわけにもいかず、城太郎を連れて再び旅立つのであった

第25話 般若野(2)
これまで積んできた鍛練の成果を無意識のうちに発揮し、襲い来る牢人たちを切り倒していく武蔵。しかし、向かって来るのは牢人の群れだけであり、宝蔵院側の槍仕たちは不戦的な態度でその様子を傍観していた。戦いは続き、武蔵が疲れ果てている頃、槍術の達人・胤舜の号令を皮切りに、槍仕たちによる総攻めが始まる。いよいよ死を覚悟する武蔵であったが、次の瞬間、彼はあり得ない光景を目にした。

第26話 この一国
柳生家の大祖・石舟斎に会うため、武蔵は城太郎と共に神戸の庄柳生谷を訪れていた。この土地が敵の濫伐を受けていない事と、経済が豊かな事、そして領主の内福さに彼は感心するのであった。柳生城の外形と、付近の土地柄を見て歩いた後、一軒だけあった旅籠に身を置く置くことにした武蔵。風呂場で体を休めていると、偶然にもあの吉岡家の次男・伝七郎の一行と居合わせていた事に気付く。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...