哲学のことば

ナレーター秋茜

再生時間 05:24:26

出版社 岩波書店

出版日 2003/12/31

販売開始日 2007/8/17

図表 なし

チャプター数 8

倍速版 あり

作品紹介

世の中には「哲学者」と呼ばれる人たちがいます。彼らは、実はことばの達人なのです。

哲学者と呼ばれる人たちは、普通の人であれば疑問にすら思わず過ごしてしまうことを、「なぜ?」「どうして?」「何を?」「だれなら?」と考えつづけてきました。この考えるという行為は、やはり哲学者であったソクラテスが看破したように「自分と対話すること」なのです。そして、対話には必ず“ことば”が使われるのです。これはソクラテスの時代から現代の私たちにいたるまで変わりません。

本書では、古代ギリシアから現代にいたるまでに登場した様々な哲学者たちの用いたことばをたどりながら、「人間と動物のちがいとは」「人に恋する気持ちとは」「ほんとうの友達とは」「そもそも私とは何なのか」「死ぬとはどういうことなのか」といったわたしたちに身近なトピックを考えさせてくれます。

人類普遍のテーマについて解説している本ですので、ビジネスパーソンの方にも様々な気付きを与えてくれること間違いなしの一冊です。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...