週刊宮本武蔵アーカイブ(2)

聴き放題対象
ナレーター浅科准平

再生時間 01:47:04

配信日 2015/5/1

図表 なし

チャプター数 5

倍速版 あり

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

国民文学作家・吉川英治の代表作『宮本武蔵』の週刊配信を開始!

新聞小説として連載され、かつてないほどの人気を得た吉川英治の「宮本武蔵」を、情緒ある朗読に演出を加えたオーディオブックとしてお届けします。本コンテンツは、ポッドキャスト「週刊宮本武蔵」で配信した2015年4月分をまとめたアーカイブパッケージ版です。


第5話 野の人たち
息子である又八を盲愛する本位田家の隠居・お杉のもとを訪れたお通。花祭りで武蔵を見かけたときの様子を説明すると、お杉は怒りに震えた。又八を死なせた揚句、武蔵だけのこのこと故郷へ帰ってきたと考えたからである。たまらずお杉は真相を確かめに武蔵の姉・お吟のいる新免家を訪ねるが、武蔵の姿は見当たらない。お杉は武蔵を出せと言い立てるが、安否を知る由もないお吟には答える術がなかった。

第6話 茨
ようやく故郷に帰って来られた武蔵。しかし、お杉の陰謀により村の人々は皆彼を捕らえようと躍起になっていた。迂闊に里に出るわけにもいかず、彼は山へ身を隠し、様子を伺うのだった。。炭焼きの男から、姉のお吟が捕まっていった事や、村で起こっている事などを聞き出した。武蔵は、姉を救いに行く事を心に決め、まずは又八についての真相を伝えるため、お通とお杉のもとへ向かうのだった。

第7話 孫子
追手を殺し続ける武蔵に怖れを抱き始めたお通は、ある日届いた手紙の内容を読み、更にひどく心を病んでしまった。そんな折、寺に泊まりこんでいた武士の大将は晩酌の相手をさせるため、お通を探していた。沢庵が部屋でうつ伏していたお通を見つけるが、彼女は頭痛を訴え、動こうとはしなかった。やむを得ずお通に付き添って酌の場へ向かう事となり、武士からの反感を買う沢庵であったが、持ち前の饒舌で武士を圧倒するのだった。

第8話 縛り笛(1)
3日以内に武蔵を捉えられなければ首を吊る、という約束を武士との間に交わした沢庵。しかし相変わらず、沢庵は吞気な様子で過ごしている。翌日の晩、彼はお通を誘い山へ入るが、そこでもじっと、ただ座っているだけであった。お通はそんな様子の沢庵を見て、いよいよ疑念を抱き始めるのであった。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...