リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

親の品格

ナレーター 北林きく子

再生時間 05:16:24

出版社 PHP研究所

出版日 2007/12/15

配信日 2015/3/4

図表 なし

分割ファイル数 15 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

90万部突破、『女性の品格』に続く話題の大ベストセラーが、遂にオーディオブックで登場!
少子化、核家族化、共働きでむずかしくなった現代の親子関係のあり方を、66の例をあげて具体的に解説します。

新しい時代に生きる子供を育てるために、親ができること・しなければならないこと、
また、高齢化が進む中で成人した子供が親とどうつきあうか、介護が必要となった親と子がどうつきあうか等、
なかなか他人には相談できない親子関係の悩みを解消する方法を提案する1作。

本作品で子育てについて考えを深めることで、あなた自身の子育て観を持つきっかけになることでしょう。

今、日本では急速に少子化が進み、次世代の数が減るだけでなく、
ひ弱で自己中心的な子ども、あいさつができない子、正しい日本語が使えない子が増えるなど、
質の劣化がはじまっている、と本作で語られています。

品格をもった人間を増やすためには、
まずは家庭で親が品格について教えることができなければなりません。

そのために必要な、子供が大人になるまで育てるために抑えておくべき大切なポイントを、
300万部を超える大ヒットとなった『女性の品格』の著者・坂東眞理子氏が語ります。

また、子育てをしていれば必ず起きる「こんな時はどうすれば良いの?」
「こんな事を聞かれたら何て答えれば良いの?」と悩むシュチュエーションに対し、
正しい対処の仕方も数多く紹介しています。

子供との接し方に迷ったときや、夫や妻と子育てについて語り合うとき、
将来の子供との関係について迷ったときなどに、
あなた自身がどう考え、どう行動するか決めていくためのヒントになる1作です。

自分が親としてどう振る舞うかを考えることで、人生について考えを深めることにもつながることでしょう。

少子高齢化が進み、家族をめぐる環境もどんどん変化していく現代、
親と子の関係をどのように築いていけば良いか、改めて考えてみませんか?

次代を育てる方々に、ぜひ聴いていただきたい一作です。