文放古

ナレーター崎とし子

再生時間 00:15:54

販売開始日 2006/12/18

図表 なし

チャプター数 1

倍速版 なし

作品紹介

一人称の語り手「わたし」が日比谷公園で西洋紙の文放古を拾い、作家「芥川龍之介」を批判したその文放古の内容に「軽蔑」や「同情」を感じながら展開していく。語り手を現実の作家芥川龍之介と結びつけて読むことによってはじめて面白味が成立するような作品。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close