芥川龍之介小品の名作(ニ)―「捨児」「手巾(抄)」「松江印象記」他

聴き放題対象

再生時間 01:43:30

出版社 響林社

出版日 2014/7/1

販売開始日 2014/10/11

図表 なし

チャプター数 4

倍速版 なし

作品紹介

母親が実の親ではないと知った男が、以後は母親以上の存在になったと述懐する「捨児」。息子が亡き後、その報告に来た母親は微笑を浮かべて淡々と回想していたが、テーブルの下では、手巾(ハンケチ)を握りしめてぶるぶると震えながら必死に悲しみに耐えていた「手巾」。大川(隅田川)の川端に生まれた芥川自身が、大川の流れ、匂い、景観に対する限りない懐旧の念を吐露する。中学の修学旅行に列車で出かける息子を父親がそっと見に来るも、その息子は卒業してすぐ亡くなってしまうという「父」。子供が高熱を発して、疫痢の不安に慄きながら夫婦、祖母とで懸命に看病する「子供の病気」。他に「大川の水」「早春」「松江印象記」「霜夜」。








ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close