『法学とは何か特に入門者のために』『役人学三則』他2編―末弘厳太郎法学随筆選(一)

聴き放題対象

再生時間 02:35:34

出版社 響林社

出版日 2014/7/1

販売開始日 2014/10/4

図表 なし

チャプター数 8

倍速版 なし

作品紹介

「嘘の効用」などの名著で知られる末弘厳太郎による法学随筆4編。「新たに法学部へ入学された諸君へ」「法学とは何か」では、法学は、公平性や予測可能性を柱とする法治主義を支える基本的学問であり、個別の法律の内容を学ぶというよりは、官庁や会社等の組織を円滑に運営していくために必要な思考様式を学ぶものであるという。「役人の頭」では、法治主義の最小限度の要件は「役人」が喜怒哀楽の感覚を共有していてくれるという安心感であるとする。「役人学三則」も反語的に書かれているが、これから役人になる学生への戒めでもある。護憲運動から普通選挙へと進んだ大正デモクラシーの時代の雰囲気が横溢しており、現代でも十分に通用する。









ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close