キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

詩集 念ずれば花ひらく

著者 坂村真民
ナレーター 井上勇一

再生時間 02:11:33

出版社 サンマーク出版

出版日 1998/10/1

配信日 2014/9/3

図表 なし

分割ファイル数 7 枚

倍速版 あり

¥1,080 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

Amazon評価4.9、幅広い年代の読者からの支持を得る希代の詩人、
坂村真民の代表作を集めた決定版詩集が、オーディオブックになって登場!

「念ずれば花ひらく」「二度とない人生だから」「鳥は飛ばねばならぬ」など128篇を収録。
中学校・高校の教科書にも採択され愛唱される「癒しの詩人」坂村真民の詩の言葉に触れることで、
生きる喜びを実感し、人生をしっかり歩んでいこうという気持ちが湧きあがってくる1本です。

花には
散ったあとの
悲しみはない
ただ一途に咲いた
喜びだけが残るのだ

この作品に収録されている、「花」という詩。
真民ならではの感性に彩られた、たった数行の言葉に、あなたは何を感じますか?

本作品は、90歳を超えても現役の詩人として活躍し、
幅広い年代から支持を得る坂村真民の代表作を集めた、坂村真民詩集の決定版です。

著者は、「詩は未来を切り開くためのものでなくてはならぬ」と語っています。

幼少期のどん底の生活から這い上がり、自分で未来を切り開いてきた坂村真民。
人生について深く考え抜きながらも、誰にでもわかりやすい言葉でつづられたその詩は、
混迷の続く今の時代にこそ、必要とされているのかもしれません。

特別なことは何もいりません。
ただ真民の言葉を噛みしめるだけで、世界が違って見えるはずです。
真民の言葉に、人生のヒントを見つけてみませんか。

日常を新たな視点から眺め、生きることの喜びを実感できる一本。
一篇一篇、噛みしめながら、じっくりとお楽しみください。