大和路・信濃路

聴き放題対象
著者堀辰雄

再生時間 02:45:35

出版社 響林社

出版日 2014/7/1

販売開始日 2014/8/31

図表 なし

チャプター数 10

倍速版 なし

聴き放題プランなら、何冊でも定額で聴き放題。
初回30日間は無料です。詳細はこちら 聴き放題で聴く
¥550 税込
会員登録して購入

作品紹介

冒頭の「樹下」は、信濃追分の古寺である泉洞寺の苔むした石仏や、奈良の中宮寺の半跏思惟像を見入っての随想。昭和16年の秋、大和路を巡ったときの随想を多恵子夫人に手紙で送ったものをもとにした「十月」。12月に奈良に行った時の「古墳」。昭和18年春に、夫人とともに訪れた明るい雰囲気の「浄瑠璃寺の春」。その暮れに書かれたのが「死者の書」である。全編を通じて流れるのは、古代への憧れであり、死者達への鎮魂であった。堀辰雄には、生母の死、芥川龍之介の死、許嫁の死、年若い詩人たちの死などが続き、死者の魂への関心が心にずっと宿っている。「橇の上にて」と「辛夷の花」は、木曽路越えの旅の様子を描いている。








ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...