漱石の自伝小説―『道草』(全)

聴き放題対象

再生時間 08:55:41

出版社 響林社

出版日 2014/7/1

販売開始日 2014/8/26

図表 なし

チャプター数 35

倍速版 なし

作品紹介

漱石の『道草』は、その自伝的小説である。幼少の頃、塩原家に養子に出された事、英国留学から帰国して神経衰弱となった事、兄や姉夫婦、妻の鏡子との関係が反映され、私小説的色彩が濃い。留学帰りの健三は大学教師になり、忙しい毎日を送っている。妻お住とは、夫婦仲はよくない。健三は妻を温かみのない女だと思い、自分を主張したがるところを嫌う。妻も夫は尊敬すべき所があるべきなのに、女を従属的にみる世渡り下手の偏屈者と見ている。そんな折、かつて健三の養父だった島田が突然現れ、籍の復帰や金を無心する。更に妻の父までが金銭等を要求する。健三は何とか工面するが、最後に「世の中に片付くなんてものは殆どない」と吐き出す。










ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...