【新版】夏目漱石の回想録「思い出す事など」

聴き放題対象

再生時間 03:22:13

出版社 響林社

出版日 2014/4/8

販売開始日 2014/5/11

図表 なし

チャプター数 9

倍速版 なし

作品紹介

1910年(明治43年)、大吐血を起こして生死の間を彷徨い、一時は危篤状態に陥った「修善寺の大患」の経過や当時の心境を振り返ってしみじみ綴った有名な随筆。
「病人は彼等のもたらす一点の好意によって、急に生きて来る・・・。本当に嬉しかった、本当にありがたかった、尊かったと、生涯に何度思えるか、勘定すれば幾何もない。たとい純潔でなくても、自分に活力を添えた当時のこの感情を、余はそのまま長く余の心臓の真中に保存したいと願っている」「ことに病気になって仰向けに寝てからは、絶えず美しい雲と空が胸に描かれた」などと綴る。大患を境に「則天去私」の境地に達したといわれている。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...