「吾輩は猫である(4)」-Wisの朗読シリーズ(60)

著者 夏目漱石
ナレーター wis

再生時間 01:30:26

出版社 響林社

出版日 2014/2/15

配信日 2014/3/29

図表 なし

分割ファイル数 5 枚

倍速版 なし

¥540 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

「吾輩は猫である」の四節は、近隣の金田邸に忍び込んで聞いた、金田夫婦と来客である実業家の鈴木との会話から始まる。先日、鼻子夫人が苦沙弥先生宅先生宅に、娘の婿候補である寒月君の人となりを聞きに行ったところ、迷亭とともに失敬な応対に会い、目的を果たせなかったため、今度は、苦沙弥と学生時代に同宿だった鈴木に、苦沙弥から聞き出すように依頼する。鈴木は、苦沙弥宅に立ち寄った迷亭から、寒月君が博士論文の執筆にかかっているという将来有望な話を聞き出す。そして、苦沙弥をおだてて、金田の娘との縁談に猛反対する迷亭に同調しないよう仕向ける。各人の途切れない軽妙な会話の連続が、絶妙な面白みを醸し出す。