世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

ナレーター佐々木健

再生時間 04:30:48

出版社 朝日新聞出版

出版日 2013/8/7

販売開始日 2014/3/28

図表 1 枚

チャプター数 14

倍速版 あり

作品紹介

★作品のポイントをお伝えする、著者の肉声メッセージも収録!audiobook.jpでしか聴けない貴重な音源です★

出版からわずか3ヶ月で12万部を突破、現在20万部を突破している話題作が、遂にオーディオブックで登場!
この作品で、新入社員から経営者まであらゆるステージで活用でき、世界に出ても通用する仕事の基本が身につきます。

ゴールドマン・サックス、マッキンゼー、ハーバード・ビジネススクールで学んだ仕事の秘訣を48のポイントに整理。
多くのエリートが身につけている仕事の基本を、あなた自身のスキルアップとチームの成果向上のために、ぜひご活用ください。


本作品は、「世界最強の投資銀行」ゴールドマン・サックス、「世界最高のコンサルティングファーム」マッキンゼー、
「世界最上級のビジネススクール」ハーバード・ビジネススクールで著者自身が学び、目にしてきた仕事術をもとに、
世界で活躍するエリートが実践している、当たり前のようで非常に重要な仕事の基本を紹介しています。

世界のエリートが仕事で大切にしているのは、決して誰にもできない難しいことではなく、ごくごく基本的なことです。
本作品では、世界で通用する仕事の基本を、「人とのつながり」、「自分磨き」、「成果の出し方」、
「世界的な視野の持ち方」の4つのポイントに分け、わかりやすく解説しています。

「人とのつながり」に関して、例えば世界のエリートは、先輩や上司との飲み会を断らないといいます。
先輩や上司は、自分の目線を高めてくれる絶好のメンターであり、建設的なフィードバックを得ることもできる貴重な相手。
より良い指摘やアドバイスを得られるよう、世界のエリートは飲み会を通して上司や先輩との関係を日ごろから温めておくのです。

また、成果の出し方についても、例えばマッキンゼーの仕事術にそのヒントを得ることができます。
資料を作成する際、パワーポイントに向かう前に、紙と鉛筆、消しゴムを用意してじっくり手書きで資料の構想を練るといった
具体的な仕事のコツは、あなたの日常のビジネスシーンでもすぐに実践することができるでしょう。

新社会人や若手の方なら、当たり前すぎて誰も教えてくれない仕事の基本を本作品で学ぶことができ、
世界に通用する力を身につけるファーストステップを踏むことができます。

また、若手社員の教育にも活用できる本作品は、部下をもつ管理職の方にも大いに役立つことでしょう。
明文化されていない仕事の基本を教えるのは案外難しいものです。
本作品をもとにアドバイスをすれば、骨太な若手社員が育ちチームの仕事効率化につながります。

既に多くの大きな仕事を担当し、キャリアを積み上げてきている人でも、
本作品で基本を改めて確認して心がけてみるだけで、今後のビジネスの成果を高めることができるでしょう。

新入社員、管理職、経営者などのビジネスステージに関わらず、
基本を押さえ、自らの仕事の方法を振り返ることは大きな成果を引き寄せることにつながります。

本作品で全てのビジネスの基本となる姿勢と仕事術を身につけ、より大きなステージに向けて進んでいきましょう。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close