キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

「ひらがな」で話す技術

著者 西任暁子
ナレーター 小林知美

再生時間 03:56:58

出版社 サンマーク出版

出版日 2012/4/17

配信日 2013/12/4

図表 25 枚

分割ファイル数 14 枚

倍速版 あり

¥1,512 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

★特典音源あり★audiobook.jpでしか聴けない、著者本人メッセージを作品に収録!

これまでになかった視点とイメージ豊かな解説で、Amazon評価4.8という高い評価を受ける作品がオーディオブック化!
あなたの話し方の悩みや不安を、今度こそ解決する糸口がつかめる1本です。

ラジオDJとして活躍し、現在はスピーチトレーナーとして活躍する著者から
「ひらがな」で相手に届く、分かりやすく聴きやすい話し方の極意を学び、
あなたの魅力を高めるために活用しましょう。


「一生懸命話しているのに伝わらない」
「思っていたのと違うように受け取られがちだ」
「人と話すのが怖くて、緊張してしまう」
「話が回りくどいのを自覚しているけれど、なおす方法が分からない」

本書は、そんな悩みを抱えている方に、
まったく新しい視点で「話し方」のコツを教えてくれる1本です。

ラジオDJとして活躍してきた著者が身につけてきた「言葉」と「声」の表現力を高める秘訣。
その第一歩は、まず“「ひらがな」で話す”ことから始まります。

ここで、少し想像してみましょう。
相手が“こうか”という言葉を使ったとしたら、
あなたは聴きながら、自然と「効果」なのか「高価」なのか、あるいは「降下」なのかを考えているはずです。
また、「こうかてき」なのか「こうかんする」なのか、
後ろに続く言葉がないかも無意識に探していることでしょう。

このように、人はまず音で言葉をとらえています。
つまり、いつも「ひらがな」で話を聴いているのです。

話がうまく伝わらないのは、聴いていて意味を受け取りにくい
「効果」のような「四角い言葉」を多く使っているからかもしれません。

「四角い言葉」は、「丸い言葉」に言い換えて伝えることで、
相手の耳にストレートに届くようになります。

また、言葉の選び方だけでなく、言葉を話す際の「間」のつくり方、
心に響く話し方、声の出し方についても、本作品でじっくりと学ぶことができます。

話さなければ、思いは伝わりません。
また、伝わらない話し方では、せっかくのあなたの魅力を活かすことはできません。
思いが伝わるようになったなら、人と話すのが楽しくなり、あなたの持っている魅力が生かされて人生はもっと輝き出すことでしょう。

プライベートの場面でも、ビジネスの場面でも、「わかりやすい話し方」ができるようになれば、日々の生活がぐっと楽しくなるはずです。

数ある「話し方」の本の中でも、なかなか目を向けられてこなかった声や音にも注目し、DJとして活躍し続けてきた著者ならではの視点が詰まった本作品。
あなたも、人生を輝かせるとっておきの「話し方」を、この作品で学びとってみませんか?