経営の力学―決断のための実感経営論

聴き放題対象
ナレーター佐々木健

再生時間 07:07:46

出版社 東洋経済新報社

出版日 2008/10/1

販売開始日 2013/11/6

図表 なし

チャプター数 20

倍速版 あり

作品紹介

一橋大学名誉教授を務め、紫綬褒章を受章した、日本を代表する経営学者が語る「経営の本質」とは?

「決断」を迫られている経営者が、本当に理解すべきなのは「力学」だった!
現場の「作用」と「反作用」を読み解き、哲学に基づいて決断するという経営者の仕事の中核となる部分について、
様々な角度から徹底的に語りつくした、経営論の最重要ポイントを押さえた1冊です。

本気で成功する組織を作り上げたいと願う方は、
経営の本質を見抜き、様々な示唆を与える本書を、ご自身の経営哲学をより深いものにするためにご活用ください。

本作品の著者は、一橋大学名誉教授を務め、紫綬褒章を受章した、
日本を代表する経営学者、伊丹敬之氏。

伊丹氏の長年にわたる研究から導き出されたのは、
経営学の中核にあるのは「力学」であるという事実でした。

力学とは、作用と反作用の連続のこと。
経営という分野で言えば、経営者が一つ決断(作用)をすれば、
大きな波及効果(反作用)を組織や市場にもたらすことになります。

本書では、陰の存在として扱われがちな「反作用」に目を向け、経営の本質に迫ります。
複雑な要因のからみあう現場で、力学を味方につけて、
効果的な経営をするためにはどうすれば良いかを提言する内容は、非常に実践的な示唆を含んでいます。

「決断」することができる経営者の器量とは何なのか、
どのような哲学を持って決断すべきなのか。
実際の経営幹部の人々と接し、35年にもわたり経営学を突き詰めてきた伊丹氏だからこそ語れる、
経営の本質がここにあります。

決断こそ、経営者の仕事。
この作品は、経営の全てともいえる決断という仕事のために、力学を読み解く力を与えてくれます。
この力こそが、経営者が最も重視し、身につけなくてはならない力なのです。

大きな決断、組織を前に進めるための行動を起す役割を担っている方、
経営者としての修練を続けていく気概を持つ方、
そして将来その重要な役目を務めることとなる全ての方へ。

本書で取り入れた知を活かせば、あなたの組織が大きな飛躍を遂げられることでしょう。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close