キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

芸人交換日記 ~イエローハーツの物語~

再生時間 04:27:11

出版社 太田出版

出版日 2011/3/10

配信日 2013/10/25

図表 なし

分割ファイル数 13 枚

倍速版 あり

¥1,404 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

映画でも話題沸騰!多くの芸人・著名人からも多くの応援メッセージが届いている話題作が遂にaudiobook.jpに登場!

夢を諦めるのもの才能だ――
人気放送作家・鈴木おさむが贈る、いま、一番泣ける小説がオーディオブックになりました。

結成11年目、いまだ鳴かず飛ばずのお笑いコンビ“イエローハーツ”。
これまでコンビの今後について真剣に話し合うことを避けてきたふたりも、気がつけば30歳。

お笑いに懸ける思いは本気。でももう後がない。
何とかして変わりたい。
そう思ったふたりは「交換日記」を始めることにした。
お互いの本音をぶつけ合うために。


2013年、監督・脚本を内村光良がつとめ、伊藤淳史・小出恵介のダブル主演で映画化された
リアルな芸人の人間ドラマを描いた感動作が、遂にオーディオブックになりました。

主人公は、高校の同級生で『イエローハーツ』という中堅お笑いコンビを結成した
甲本(ツッコミ)と田中(ボケ)。

お笑いで成功するという夢をいだいて活動を始めた二人でしたが、
仕事といえば、パチンコ屋やストリップ劇場での月に数回の営業のみで、テレビに映るなんて夢のまた夢。
甲本は、無職、借金300万円のヒモ生活に、田中はTSUTAYAでのアルバイト生活という、
鳴かず飛ばずの日々が続きます。

もう俺たちは売れないのかと、忘れかけていたお笑いへの情熱に再び火をつけたのは、
二人で始めた“交換日記”でした。
そして二人は、“笑軍”というお笑いグランプリ優勝に最後の希望を託します。

「夢を追いかけた先に、果たして幸せな人生は待っているか」

そう問いかけたことがある人は少なくないはずです。
そして誰しも、『夢と現実』を割り切らなければならない瞬間を経験します。

芸人たちのドラマの中に、多くのビジネスパーソンにとっても胸に突き刺さる深いメッセージが隠された作品です。

テーマはお笑いでも、それぞれ自分の人生を持っている2人が力を合わせて物事に取り組む姿は、
スポーツや経営、そしてビジネスパーソンの日常にも通じるものがあります。

チームで何かに取り組んだことのある方なら、自分もそうだったなと、
思い当たる場面や感情が、きっとあることでしょう。

そして、今のあなたがチームで協力し合っていくために「こうすればいいのかもしれない」というヒントも、
この作品から見つけることができるかもしれません。

自分の夢のために全てを投げ打ってでも走り続けることと、
家族や仲間のため、夢を諦めてでも、生き方を変えること。

どちら一方だけが正解、というわけでは決してありません。

甲本と田中は、自分の人生の分岐点を前にどのような判断を下すのでしょうか。
そして、もしあなたなら――。

読み進めるうちにいつの間にか強く心を揺さぶる、決して表に映ることのない真実と涙の物語を、
ぜひ音声でお楽しみください。


 ――お笑い芸人から応援メッセージ続々――

◆今田耕司さん
この本を読み終わった時、僕は行きつけの美容室にいた。
仕上がりを見せる鏡に映っていたのは、
ドヤ顔の美容師と、泣き顔の芸人だった。

◆タカアンドトシ・タカさん
これまでの人生で一番感動した作品。

◆ベッキーさん
自分の涙が落ちる“ぽたぽた”が聴こえました。