「雪国(下)」-Wisの朗読シリーズ(59)

著者 川端康成
ナレーター wis

再生時間 02:12:51

出版社 響林社

出版日 2013/8/20

配信日 2013/9/16

図表 なし

分割ファイル数 7 枚

倍速版 なし

¥540 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

いつか列車で向いの席にいた声の美しい女性の葉子は、駒子の家の若い病人を看病していたが、その病人も亡くなった。葉子は、湯に入るといつも澄んだ声で歌うのだった。駒子の使いでやって来た葉子と話すと、いずれ東京にいくので一緒に連れて行ってほしいという。ある日の早朝、駒子はそっと島村の部屋にやってきた。その夜も泥酔して島村の宿に立ち寄った。「君はいい女だね」という言葉に突然怒りだす。島村は、いつか駒子が通ってくるのを心待つにしながら、他方で自分のわがままに呵責が募る。長逗留を続けた晩秋のある日、島村の車に飛び乗ってきた駒子と街を歩く。突然、半鐘が鳴り出した。映画上映が行われている繭倉が火事だという。