リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる

著者 山田昭男
ナレーター 矢島雅弘

再生時間 04:15:02

出版社 東洋経済新報社

出版日 2012/8/10

配信日 2013/8/6

図表 1 枚

分割ファイル数 12 枚

倍速版 あり

¥1,620 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

カンブリア宮殿などテレビ出演45回以上、今話題の会社の働き方を大公開!
あなたの理想の働き方も見えてくるかもしれない1本です。

年間休日140日+有給休暇40日、残業禁止、営業ノルマなし、定年70歳、育児休職3年、ホウレンソウ禁止。
そんな他社にない社風が、社員の幸せと効率的な仕事、大きな成果を生む!
時間を短縮し効率を高める仕事術、相手の心を動かす営業術、社員を伸ばす経営術など、
仕事の効率化だけでなく、コミュニケーションのコツもわかる仕上がりになっています。

皆さまは、「未来工業」という会社をご存じでしょうか?

電気設備資材や管材などを製造・販売するこの会社は、
「常に考える」ことをスローガンとし、
独特の制度と他社にはない働き方を実践していることで知られています。

例えば、労働時間は非常に短く、年間休日140日+有給休暇40日、残業禁止。
社員たちは、1日に7時間15分働いたら定時でさっさと帰っていきます。

そして、自分で考えてやってみようと思ったことは、ホウレンソウなしで進めてOK。
営業担当者は、他社にあるような営業ノルマもなく、自分自身で目標を設定して営業活動に励んでいます。

このような型破りな経営では、顧客や取引先との間で何かトラブルが生まれたり、業績が落ちたりしそうに思えますが、
実際には、自分で考える力を持った社員たちがそれぞれに奮闘し、毎年黒字を続けているのです。

ほとんど管理されない状況の中で、のびのびと働くことで成果を出し続けている未来工業の社員たち。
本書では、その管理しない・自分で考えることを促す未来工業の独特の社風と、
その思い切った経営がどんなビジョンの上に成り立ち、どうやってそれが可能になっているのかが
余すところなく公開されています。

独特の働き方を続ける同社の社員の声や経営者の言葉から、
仕事の本質、効率化の仕方、営業の極意、社員の力を引き出す経営方針など、
様々なことを知ることができる貴重な1冊です。

社員として働いている方にも、もちろん経営者の皆さんにも、本書に触れるメリットは大きいでしょう。

仕事との向き合い方、あなたの生き方をも変えてくれるかもしれない本書を紐解き、
あなた自身の毎日を振り返って、より自分らしい生き方・働き方を考えてみませんか?