生きる悪知恵 正しくないけど役に立つ60のヒント

ナレーター 川井靖子

再生時間 04:17:43

出版社 文藝春秋

出版日 2012/7/20

配信日 2013/5/31

図表 なし

分割ファイル数 11 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

『毎日かあさん』などで人気の漫画家・西原理恵子氏が贈る、22万部突破の痛快エッセイがついに音声化!

ビジネスやおカネにまつわるお悩みから、男女、家族、性格に関する“人には言えない”真剣相談まで、
あらゆる問題に、サイバラ流の処世術で切り込む史上最強の人生指南書。
あなたが抱えている悩みも、悪知恵で思いっきり吹き飛ばし、気楽に生きていきましょう。

「やっとの思いで就職した会社がブラック会社だった」
「夫が浮気しているかも…追求すべき?」
「頼まれるとイヤと言えない自分がイヤ」
「苦手な上司に毎日のように飲みに誘われます」

あなたは、こんなお悩みを抱えていませんか?
もしかしてその悩みに「生真面目に」答えを出そうとしていませんか?

その悩みを解決するための近道は、
「真面目すぎると生きづらい。もっとウソつきでいいんじゃないか」
と語るサイバラ流の「悪知恵」を働かせて、問題をちょっと斜めから見てみることかもしれません。

本書は、高校を飲酒で退学し水商売でアルバイトを経験、
離婚したのち、ガンを患った元夫の最期を看取る、といった波瀾万丈の人生を歩んできた西原理恵子氏が、
人生の中で身につけてきた処世術の数々を授けてくれる1冊です。

仕事、家庭、男女、性格についての様々な悩みに対して、
60の“正しくないけど役に立つ”アドバイス、というより悪知恵が紹介されています。

「ずっと同じ問題で悩み続けている」
「自力ではどうしようもないと諦めている」

そんな方にこそ、気軽に聴いていただきたい1冊です。

「え、そんな考え方でいいの?」と思うような、痛快な悪知恵の数々が
あなたがずっと生真面目に考え続けてきた問題を、スッキリ解決してくれるかもしれません。

「相手を怒らせたり迷惑かけたりしたらウソになるけど、
周りを楽しませたり自分を守るためなら、それはウソじゃない。」
そんな風に考えれば、あなたはもっと気楽に生きていけるはず。
生真面目につらい思いをし続ける必要など、全くないのです。

さあ、あなたも「正しい」「正しくない」と生真面目に悩むのはもうやめて、
悪知恵を働かせて楽しく生きていく人生を始めませんか?