キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

著者 水野敬也

再生時間 06:41:58

出版社 飛鳥新社

出版日 2012/12/12

配信日 2013/4/12

図表 なし

分割ファイル数 21 枚

倍速版 あり

¥1,620 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

200万部突破の大ベストセラー『夢をかなえるゾウ』の続編が、待望のオーディオブック化!

関西弁を話す奇妙な神様ガネーシャが、今回も人間界で大暴れ!
楽しく読み進めるうちに「お金」と「やりたいこと」との向き合い方が見えてくる1冊です。


本オーディオブックには、オーディオブック特典として、「著者・水野敬也ラジオインタビュー 楽屋裏話」を収録しています。


夢を追い始めるとき、一番に考えるのは間違いなくお金の問題。
十分なお金があれば、ひとはやりたいことをやるはずです。
しかし、現実には明日をどう生きるかを考えなければなりません。

作品の主人公も一念発起、脱サラをしてお笑い芸人を目指すも鳴かず飛ばず。
この現実を直視しなければならない時期が訪れます。

そんなとき、突然ゾウの姿をした神様「ガネーシャ」が現れ、
私の言う通りにすれば夢は叶うと、とんでもない難題を突きつけるのです。
かのチャップリンやエジソン、アインシュタインを育て上げたという、
お手軽成功法を駆使して、主人公の夢を叶える手伝いを、なかば強引に推し進めていきます。

「本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。
その「本」でも解決できひん悩みちゅうのは何なん?自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」
といった、ガネーシャの癖のある名言(迷言)は本作でも健在。

お金とやりたいことにどう向かい合っていくのか―

この問題に一つの解答を示した本書で、ガネーシャが授ける様々な教えに、
主人公と一緒に向き合ってみましょう。

やりたいことはあるけれど決断に迷っている方、これからの人生をどう歩んで行けばよいのか行き詰まっている方にとって、、
本書をゲラゲラ笑いながら(?)読み進めるうちに、目の前の問いの答えが、すっきりと見えてくることでしょう。

物語を楽しんだ後に、人生に必要な何かをつかんだという実感が湧いてくる1冊です。
本作品を手にしたあなたは、叶えたい自分の夢まで、もう目の前まで来ているはずです。

※この作品には下記サイトのBGM、SEを使用しています。
 『魔王魂』『ユウラボ8bitサウンド工房』