リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門

著者 木村尚義
ナレーター 西村不二人

再生時間 03:34:46

出版社 あさ出版

出版日 2011/5/24

配信日 2012/12/11

図表 なし

分割ファイル数 13 枚

倍速版 あり

¥1,404 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

「ずるい=常識にとらわれないで考える」ということ!
スピーディに、簡単に、お金をかけずに問題を解決するなんて無理・・・そう思っていませんか?
複雑に思えた問題も、発想を変えれば簡単に解決できてしまうのです。
あの有名人も有名企業も実践している思考法を、楽しく頭を動かしながら身につけていきましょう。

この本で扱う「ラテラルシンキング」とは、発想の枠を広げた自由な思考法のこと。

例えば、こんな問いを投げかけられたら、あなたはどんなふうに考えますか?

・13個のオレンジを3人の子どもに平等に分けるには?
・急カーブでの事故を減らすには?

本書では、これらの問いをラテラルシンキングを駆使して鮮やかに解決してみせてくれます。

豊富な実例に、「へえ~、そんな方法気が付かなかった」とうならされたり、
「そんなのずるいよ・・・」と思ったりしながら読み進めていくと、
あなたも、いつのまにかラテラルシンキングの楽しさと実用性に気がつくはずです。

「楽=悪」ではありません。
このいい意味で「ずるい」考え方をロジカルシンキングとバランスよく組み合わせることで、
常識にとらわれない新しいものを生み出すチャンスが見えてきます。

「思考法」と聴くと抽象的で読みにくそうだと思われるかもしれませんが、
テンポの良い語り口で実例も豊富な本書なら、楽しみながらどんどん先に読み進めていくことができます。

物事を柔軟に考えるのが苦手、いつも同じような発想になりがち・・・という方も、
この本を楽しく読んでいくうちに、軽やかな発想力が身につくはずです。