「金子みすゞ名詩選第一集」 - wisの朗読シリーズ(56)

ナレーター wis

再生時間 00:44:00

出版社 響林社

出版日 2012/10/1

配信日 2012/11/2

図表 なし

分割ファイル数 3 枚

倍速版 なし

¥514 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

金子みすゞは、500編以上の詩を残していますが、その世界は聴く人によって受け止め方は様々です。
ここでは、生前に発表された詩を中心に46編の詩を朗読しました。
お聴きになる皆さんそれぞれの感性で、“若き巨星”金子みすゞの詩の世界をどうぞお楽しみ下さい。 

【収録作品】
私と小鳥と鈴と  星とたんぽぽ  お魚 大漁  ひろい空  草山  田舎の絵  祭りのあくる日  蚊帳  きのうの山車  土  手帳  夕顔  紋付  雲  仲なほり 雀のかあさん 喧嘩のあと たもと 独楽の実  杉の木  振子 ピンポン  げんげの葉の唄  おとむらひ  砂の王国  おはなし  色紙  神輿  石ころ  硝子  子供の時計  電報くばり  箱庭  おとむらいの日  こころ  こだまでしょうか みんなをすきに  去年のきょう  露  もういいの  夜  ふうせん  繭と墓 さみしい王女  美しい町