「春琴抄(上)」 - wisの朗読シリーズ(38)

ナレーターwis

再生時間 01:43:01

出版社 響林社

出版日 2012/9/3

配信日 2012/10/12

図表 なし

分割ファイル数 6 枚

倍速版 なし

作品紹介

大阪道修町の裕福な商家の娘、春琴は、美貌ながら9歳のとき眼病で失明する。
それからは、検校の下で琴や三味線の稽古に励み、師匠となった。
一方、身の回りの世話をする丁稚の佐助は、彼女に思慕の情を持ち、自分でも夜中に密かに三味線を練習し始め、やがて春琴の弟子となる。
春琴は佐助との結婚を親に勧められるのを拒絶するが、やがて身ごもる。
周囲の思惑に二人は強く関係を否定し、我が子を里子に出してしまうのだが、それでも、同居し師弟の関係は続ける。
ある日、稽古がひときわ厳しい春琴は人の恨みを買い、顔に熱湯をかけられ大火傷を負う。
春琴が頭巾をかぶって人目を避けようとするのをみて、佐助は誰よりも胸を痛め悩んだ。そして・・・。

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...