キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

「吾輩は猫である(3)」 - wisの朗読シリーズ(52)

著者 夏目漱石
ナレーター wis

再生時間 02:19:26

出版社 響林社

出版日 2012/8/15

配信日 2012/9/21

図表 なし

分割ファイル数 8 枚

倍速版 なし

¥514 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

猫のご主人、苦沙弥先生は日曜日の午後、硯と原稿用紙を前に何やら唸っている。
やがて、迷亭が案内も乞わずにあがってくる。
寒月君が物理学の演説があるので、その練習を一緒に聞くために呼んだのだという。
とそこへ女客がくる。
角屋敷の気位の高い金田夫人だ。
鼻がばかに目立つ。
二人は鼻子と呼ぶことにした。
鼻子は、娘のお相手として寒月君がどうかと思い、その人となりを探りにきたのだ。
鼻子は二人の失敬な応答ぶりに内心怒りながらも、一通り聞き出して帰っていった。
二人も鼻子の高慢ぶりには辟易だ。
そこへ寒月君が来る。
肝心の物理学の演説練習はどこかに飛んで、迷亭君が、「美学上の見地からする鼻の研究」なる演説をやり出した。