ルルとミミ

再生時間 00:49:57

出版社 パンローリング

販売開始日 2012/5/16

図表 なし

チャプター数 2

倍速版 なし

作品紹介

「ルルとミミ」は大正15年、九州日報にて日本で初めて切絵を
使った童話として「とだけん」の名義で発表されました。

とても綺麗な文章で綴られる、不思議で悲しいお話です。

むかし、水晶のように美しい湖のふちにひとつの小さな村がありました。

この村にルルとミミという兄妹が暮らしていました。
村唯一の鐘造りであった父親は、音の出ない鐘を造ってしまった
ことを恥じて、湖へ身をなげてしまいました。

ルルは父親に代わって新しい鐘を造りました。
妹も村の人々も大喜びでその音を聞くのが楽しみでした。

しかし鐘は鳴りませんでした。

悲しみにくれたルルは、泣きつかれて眠る妹のミミを残して、
父のように湖の底へ自ら沈んでいってしまいました。

それから毎日ミミは湖のほとりで泣き続けていましたが、
あるとき睡蓮の花がミミに向かっていいました。

花の鎖を作って湖の底にある真珠の御殿へ行きなさい。
そこに住む女王様の所に兄はいます、と。

ミミは花の鎖を作って、御殿を目指して湖の底へ沈んで行きました。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...