ヴァニシングポイント

ナレーター寿盛俊

再生時間 10:42:40

出版社 マガジンハウス

出版日 2009/6/25

配信日 2009/8/8

図表 なし

チャプター数 27

倍速版 なし

作品紹介

31歳でガンに侵され、最後までペンを握り続けた、奥山貴宏の遺作。自伝小説の中に込められた、渾身のメッセージ。


31歳で突然のガン告知から、
33歳でその命の灯火が消える瞬間までキーを叩き続け、
2005年5月。本作品の定本となる小説『ヴァニシング・ポイント』発売の3日後、逝去した。
著書には『31歳ガン漂流(ポプラ社)』『32歳ガン漂流(牧野出版)』『33歳ガン漂流(牧野出版)』があり、
彼のリアルライフであった2年4ヶ月に及ぶ闘病生活と執筆活動は、
この3部作に書き記されている。
全てオーディオブック版でも聴くことができる。
本作品は小説『ヴァニシング・ポイント』において、“ノンフィクションノベル”と紹介されているとおり、
前3部作のリアルライフをなぞり、自伝小説である本作品のディテールをよりリアルなものとしている。
ロック・ドラッグ・セックス・ライティングそして暴走する世界。
パッチワークのようにコラージュしながら展開する物語に、
聴者はどこまでが本当で、どこからがフィクションなのか判らなくなることだろう。
奥山氏が命を削っても伝えたかったコト。
全ては、定本で284ページ。
オーディオブック版の本作品は、
総収録時間10時間半の圧倒的なボリュームの最後の数分に集約される。
死と向かい合ったもののみが紡ぎ出せる、“生きている”ということの本当の意味。
奥山さん。それはあまりにも普通の、あまりにも平和な、
あまりにも「らしい」ひとことですね。
最期の瞬間まで、挑み・放棄せず、まるで暴走するT-MAXにしがみつくかのごとく、
最期の消滅点まで駆け抜けていった。
全ての同年代の人、さらに奥山氏を知らない全ての若者に聴いて欲しい。
そして自分に聞いて欲しい。『俺ってロックしてるか?』と。
※本商品は「VP(ヴァニシングポイント)」(マガジンハウス刊 奥山貴宏著 ISBN:978-4-8387-1580-0 1,470円(税込))をオーディオ化したものです。(C)2005 Okuyama Akiko

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...